日々

杖作りの続き、
節ごとに糸巻きし
壊れやすい竹の先に色々ほどこして
しっかり糸巻きして。。完成
★堀ゆ♪の魔法の杖★
(知性+3、脚力+3、攻撃力+5)
竹の先に仕込みして強く。(重い)
護身用も兼ねて。


ひとりで山や川の中にいたら
何があるか本当にわからない、。
琵琶湖周辺も車上荒しは日常的。
護身用は必須。
車上荒し、置き引き。変な人。。何度も遭遇。

今日、ぼんやりして頭が重い、、、
睡眠薬抜きで14時間もダラダラ寝てた。。
睡眠薬を飲まずに眠れても
頭はシャットダウンできてないから寝てないのと変わらない。。

調子落とすと堀ゆ♪は酷い。。。。
せめてリーマス増やすしか術がない。。
で堀ゆ♪、手が震える。。
リチウム塩の中毒症状。。

辛い
慣れているけど本当に辛い。
スポンサーサイト

山歩き

初めての山歩きは
昔から篤く敬う観音さまへと決めてた。。
拵えが未完だけど堀ゆ♪の魔法の杖。。
(知性 +2、脚力 +2)

観音さまへゆくから杖に数珠。。



電波の届かない山。(圏外)

結構な時間がかかりました。
観音さまは堀ゆ♪を優しく迎えてくれる。。いつも。。

下山の途中
焚き火をつくり珈琲をいれてしばし憩。、





ずっと火を眺めてた。。。。

火は生き物。。。
小さな火種に手をかけて火を育ててゆく。。
育った火は次第に大きな炎になり
生木や濡れた木も燃やし
やがて衰えて小さな火になり
ついには燃え尽きて灰が残る。。
そして風に散り、雨に打たれて地に帰る
短く激しい火の一生

桜を燃やしたらいけない
父がそういってた。。。。

髪の毛を切りにいこ。。。






日々

遠くにきてしまいました。


見渡す限りみかん畑。(これはみかん?)

重い1日になってしまいました。
悲しみはいきなり訪れて
何のためらいもなく奪い去ってゆく。。
それをあらためて知りました。


若い頃が、いろんな事が、あの日の堀ゆ♪が蘇る。。
忘れようとしていたいろんなことが実感を伴って、甦ってくる。。

珈琲をもつ手が震える。。

「闇を知らぬ者に光もまたない」
堀ゆ♪が抱える闇に光はあるの。。。?怖。





日々

心を励ましにお不動さまへ。

堀ゆ♪は人が怖い、人の心が怖い。。怖い。
葛藤、苦悩。。。
自然や魚は嘘をつかない。。
自然相手に実力以上のものは絶対にでない。

人は平気で嘘をつき堀ゆ♪を傷つけて平気でいられる。

激鬱状態。呼吸するのもめんどい。
死ぬまでこの苦しみから堀ゆ♪が解放されることない。。

帰り道、天下一品へ。。。



堀ゆ♪は天下一品が一番美味しいと思ってます。
お付きあい、ありがとあんした。。

投網魔法陣

忙しい1日。。
久々に堀ゆ♪の先生とタモ網採捕、投網採捕。
ひとつめの場所でオイカワを狙い打ち。


場所をかえてバスの固まりを狙い打ち(2投51匹)


オイカワは状態がよいから。。お料理に。

自然の中で珈琲をいれて一休み
魚の話、
山の話、
鳥の話。
野菜の話、
刀の話、


堀ゆ♪の先生。

いろんな話をしました。
ありがとあんした。。

杖作り

山歩きの為の杖を作ろうと思い立ちました。

幼い頃の記憶を頼りに。。
火に当てて水冷してやれば真っ直ぐになり、強くなる。。ですよね?



①しばらく自然乾燥させて
②1000番くらいで磨いて
③漆か柿渋を塗って
④節に藤を巻いて
⑤手縄をつけて

で完成?(初めてだから不安。。)

堀ゆ♪の幼い頃の思い出。。
父とこうやって竹トンボや水鉄砲や弓を作ってた。。。
このナタは長く父が愛用していたものです。
代がかわり堀ゆ♪の愛用のナタになりました。


日々

メンタルが悪い。。。。鬱から鬱。。

半沢直樹をみながら縫いものや補修やお勉強
さらにblogまわりが寂しいので少しカスタム。、
(カウンターがうまく反映しない。。うう())

興味深いお話を聞きました。
統合失調系は山を愛し
躁鬱系は海を愛し、冒険を愛する。
(可愛い女の子から借用)

作家開高健などはその典型。。。

自分の心をみつめエネルギーを制御する。。
半端ない精神力が必要。。
自助しかない。。

薬を増やしてます。。そろそろ効果が出始めるころだと思うのです。。
来週には元気になっていると信じて。。

堀ゆ♪は双極性障害2型混合。。
こう書けばなんか大変な病気みたいだけどわたし、深く考えてません。
病気の一つや二つ、
身体が痛い痛くないなんてみんな抱えて生きているのだから。






投網の補修

雨降りだし
網を修理。

退屈しのぎに。
投網の投げ方。。
来年、動画upしてゆきたいなと思ってます。
投げ方は動画を見たら上手な人がいる。
すごく参考になります。
堀ゆ♪はどちらの手からでも投げれます。
(結構、重要度高い技)

川の投網、琵琶湖の投網は歩きながら打つ
徒打ちが基本。
投網って大きな網で一網打尽ってイメージですよね?
でも実際は何枚かもってるけどずっと愛用してる網は小さい網です。(手縄は長いです)
直径小さい。

足場が悪いなかを網をもって歩くから小さくて扱いやすい方が身体に楽だし。
大きな網だと逆に沈石や沈木に絡んだりして壊れるリスクが高まる
そこに流れがあれば巻いてゆくから回収が大変です。
(自分が転んだりもするし)

綺麗に網が広がるのを当たり前にして。。。
打つときに堀ゆ♪は形を変化させてます。
こういった小さな技はまた機会があれば書こうかな。。
魚さえいれば
きちんとそれを狙えたら
小さな投網で十分に入る。

補修終わり。

投網の練習は芝生の上が良いです
アスファルトだと鎖が傷みます。。。
(泣くのは自分)
大事に使えば何年たっても使えます。









タモ網

タモ網をすこし補強したので。
動作確認。(良好)

クサガメ



ウキゴリ
ヌマチ
カワヨシノボリ

タモ網って技術いります。。


投網魔法陣

少し時間ができたので投網。

ブラックバスの幼魚がとにかく。。


82匹。。。
補修した投網が少し傷みました。。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
訪問者
カウンター